パーレイ法

カジノ攻略法

オンラインカジノでの投資方法の一つとしてパーレイ法と呼ばれるものがあります。

これは、例えばバカラ、ブラックジャック、あるいはルーレットでの一部の賭け方のように、勝率がほぼ1/2で、勝ったときのオッズが2倍であるようなゲームであればどんなものに対しても適用可能です。

基本的な投資スタイルを説明しますと、攻めの賭けということができます。

パーレイ法とよく対比される賭け方としてマーチンゲール法と呼ばれるものがあり、ここではその詳細説明は省きますが、マーチンゲール法は守りの賭けと呼ばれることがあるのと対照的です。

マーチンゲール法では、少しずつでも良いからとにかく儲けを出すことを最大の目的とした賭け方です。

ほとんどの場合に、多少なりとも儲けを出すことが期待できます。コツコツと稼ぎたいという人には向いた賭け方です。

一方で、そんなチマチマとした稼ぎ方は性に合わないという人ももちろんカジノを楽しむ人の中にはいるでしょう。

というか、そういう人のほうが多いかもしれません。つまり、多くの場合において多少の損失を出すことは十分に許容範囲であり、たまにで良いから勝つ場合には大勝ちしたいと考えるタイプの人です。こういう人はパーレイ法での賭けが向いています。

賭け方としては、まずどれくらいの大勝ちを求めるのかのラインを考えておきます。

賭け金が倍々ゲームで増えていくとして、何回くらい連続で勝てば自分にとって大勝ちと考えられるのかということです。

実態として、例えば倍々ゲームで5連勝すれば元手は32倍になります。わずか1ドルの元手であっても32ドルになるわけで、それなりのものでしょう。

この数字は自分自身で決めて構わないので、32倍程度では大勝ちとは言えない、せめて100倍にはならないと、という人は、7回連続とすれば128倍となります。

このように、例えば7回連続と決めたとしますと、最初の賭けには1ドルを賭け、2回目以降の賭けにおいては、もしその直前の賭けに勝っていればそこでの払い戻し額の全額を賭け、もし直前の賭けに負けていれば1ドルを賭けるようにします。方法としてはたったこれだけのことです。

この方式を取れば、勝ち続ける限りは元手は倍々ゲームで一気に増えていきます。

自分で予め決めた回数の連勝ができず、途中で負けてしまった場合はゼロになってしまいますが、そもそも払い戻された額を賭けているだけなのですから、損失としては最初の1ドルに留まります。

つまり、少額の負けは許容しつつ、たまの大勝ちを狙う賭け方となるわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました