モンテカルロ法

カジノ攻略法

オンラインカジノで遊ぶときに有効な攻略法にモンテカルロ法があります。

モンテカルロ法はルーレット、ブラックジャック、バカラなどに有効に使え、配当が2倍や3倍のゲームにおすすめです。

この方法は、最初の資金があまりなくても利用できるのが特徴ですが、設けを増やすためには時間がかかる方法です。

やり方も難しいものではなく、紙とペンがあればやりやすい方法です。

やり方は、1・2・3と紙に書き、最初の数字「1」と最後の数字「3」を足します。

1+3=4となるので、まず最初は4ドルをかけることから始まります。

2倍配当のゲームの場合は、1+3=4となるので、まず最初は4ドルを投資することになります。

ゲームに勝てば最初の1と最後の3を取り除きます。すると、2が残ります。

このように残った数字が一つになるかゼロになれば、次のゲームはまた最初に戻り「1・2・3と紙に書き、1+3=4ドル」をかけます。

負けた場合は、最初の「1・2・3」に続きの数字4を加えます。「1・2・3・4」となるので、最初の1と最後の4を足します。1+4=5となるので、5ドルをかけることになります。また負けてしまえば、「1・2・3・4」に続きの数字5を加えます。

「1・2・3・4・5」となるので、最初の1と最後の5を足します。1+5=6となるので、6ドルをかけることになります。負けた場合は、このように数字を順番に加えていきます。

6ドルをかけたゲームで勝った場合は、「1・2・3・4・5」の最初1と最後5のを取り除きます。

取り除いた「2、3、4」でゲームを続けます。「2・3・4」なので2+4=6ドルをかけます。

勝てば最初の数字と最後の数字を取り除きます。3が一つだけ残りますが、残った数字が一つになるかゼロになれば、この段階で多くの場合に利益が生まれています。

次に、3倍配当のゲームの場合の大きな違いは、2倍配当のときは勝ったときに最初と最後の数字を取り除いていくのに対して、3倍配当のときは勝ったときに最初の二つの数字と最後の二つに数字を取り除いてしまうところです。

具体的にいうと、「1・2・3・4・5と書き、1+5=6ドルをかけた場合」、勝つと2倍配当のときは両側の「1」と「5」を取り除きましたが、3倍配当のときには「1・2」と「4・5」を取り除きます。残りは3だけとなります。

このように勝負で勝ったときの数字の取り除き方が違うだけです。残った数字が一つになるかゼロになれば、多くの場合の利益が生まれています。

モンテカルロ法は単純な計算で行える方法で、最初に大きな資金の必要がなく、少しずつ時間をかけてお金を増やしていく方法です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました