ソチオリンピックの動画を観て思うこと

ソチオリンピックの動画を観て思うこと

最近、私が動画で迫力を実感したのは、何と言ってもソチオリンピックの動画です。私は、冬季オリンピックのソチオリンピックに対して人並み程度の関心しか持ち合わせていませんでしたが、それでもそれなりにオリンピックを観戦していたつもりです。

 

そこでは、日本代表の選手を初め各国のアスリート達がしのぎを削る姿が動画によって映し出されていたわけですが、その迫力に私はずっと感動しっ放しでした。

 

それは、葛西選手の大ジャンプはもちろんのこと、羽生選手のフィギュアスケート、スノーボードのハーフパイプやスピードスケートにおいても同じです。それらは、磨きぬかれたアスリートの肉体から生み出されるテクニックや美技が披露され、動画を通してその迫力に私は圧巻させられました。

 

日本からは遠く離れたロシアのソチからそうして迫力ある競技の模様を観られるというのは、動画が果たす役割の最も大事な部分だと私は今回のソチオリンピックを観ていて思いました。

 

それは、動画を通して多くの日本人のみならず世界中の人々を感動させたのですから、とても意味のある動画だったと私は思います。

 

ですので、これからもオリンピックの感動は、動画によって伝えられるのだと私は思っています。